漢方処方

漢方について

漢方について

中国を起源として日本に伝えられた医学は江戸時代に入り日本の風土に合わせて大きく発展したといわれています。
西洋から伝わった医学を「蘭方」といい、「内科本道」「漢方」など医療のジャンルを区別する言葉もあったようです。

現在の西洋医学のお薬が単一の有効成分を主として、ひとつの傷病に狙いを絞って速効性を発揮するのに対して、「漢方薬」は人体全体の状態を良くするために、多種の材料から複合成分を用いることが特徴といえます。

現在では成分の研究も進み、安全性、他の薬との併用などさまざまなアプローチが行われております。
大手製薬メーカーから「医療用漢方製剤」「エキス顆粒剤」が販売されており、保存性、利便性が向上してます。

当院では患者様の症状に有効と考えられる場合、漢方薬をお勧めするする場合があります。

また、ご興味がある方は、診察時にご遠慮なく医師へご相談ください。
効能、使用法など、わかりやすくご説明させていただきます。

※当院の漢方処方はすべて保険適用(内)です。

ページトップへ
Copyright 東伏見整形外科 All Rights Reserved.