診療内容

東伏見整形外科 HOME >> 診療内容 >> スポーツ整形外科

スポーツ整形外科

スポーツ整形外科について

健康の維持・増進のために運動をおこなう人口が増えてきております。
肉体に対して過負荷のない、適度な運動であっても競技種目やコンタクトスポーツの場合でもケガは発生することがあります。

種目により特徴的なケガもあれば、どの運動でも起こりうるケガというのも存在します。特に筋肉や骨、関節などに対して繰り返し外力や衝撃が加わる場合や、限界を超えた力が瞬間的に加わった場合などは要注意です。

また、運動に慣れている、体に自信がある方に見受けられるのですが「ちょっと痛めたかな?まあ大丈夫かな」という判断で痛みを抱えたまま運動や競技を続けてしまって、怪我の状態が悪化してしまう場合もあります。

スポーツ整形として患者様に対して行うのは

  • ケガに対する治療
    固定による可動域の制限や保護
    飲み薬やはり薬、ぬり薬等を用いての痛みのコントロール
  • 運動強度の回復
    怪我のために落ちてしまった筋力の回復
    固定等により狭くなった可動域の回復
  • 再発予防と防止
    ケガの発生時の状況を確認してケガの発生を予防するためにおこなう 
    筋力強化、柔軟性の向上、運動動作の分析と修正等

目指すべきは競技や運動への早期復帰ですが、ケガが完治するまでは100%の能力を出しきれないばかりか同じ場所を痛めたり、その部分をかばい他に不調をきたしたりすることがあります。
医師の診断に基づき、スタッフが完治までサポートさせていただきます。

ページトップへ
Copyright 東伏見整形外科 All Rights Reserved.