交通事故・労災 | 東伏見の整形外科 -東伏見整形外科- 西武新宿線東伏見駅すぐ

交通事故・労災

タイトル

Traffic accident
交通事故

交通事故の場合、症状が後から出る場合も…。
早目の治療が肝心です。

交通事故に遭われた場合は症状が軽くても早めの診療が肝心です。
時間が経つと事故との因果関係がはっきりしなくなる場合や
症状が遅れて出る場合があるからです。
多くの場合、治療費は保険会社から支払われます。

交通事故による怪我に対する治療の流れ

交通事故に遭ったら、まず最初に何をするべきか

受診される前に保険会社に東伏見整形外科に受診する旨をお伝えください。併せて当院への連絡をお願いしてください。
適切な検査・診断を行い、症状に沿ったリハビリをご提案します。

通院治療中は継続的に経過診察を行い、担当医師の診断を受けて症状固定まで通院治療をおすすめします。

症状固定とは・・・

医学上一般に認められた治療方法を行っても、医療効果が期待できなくなった状態のことを指します。
症状固定は担当医師の判断によります。

治療内容について

頸部捻挫(むち打ち)と腰部捻挫・・・、症状によって異なりますが、痛みが強い場合は干渉波治療機器を用いて過緊張状態を緩和させ、痛みの状態が落ち着いたら、リハビリスタッフの手により手技療法を行います。

膝などの下肢、肘の捻挫、打撲、四肢の痛みに対しては超音波治療機器を用いて除痛を行い、時間が経て拘縮が起きる場合はマイクロ波を当てたり、干渉波治療機器で筋肉の緊張状態を取り除く治療を行います。必要な場合はリハビリスタッフの手により、手技療法を行います。

Workers' accident
労災

労災に対する治療の流れ

勤務中や通勤途中で何らかの事故、転倒などにより怪我をしてしまった場合、「労災保険」を使用できる場合があります。
当院は労災保険指定医療機関に指定されており、労災保険では自己負担が発生しません。
労災保険を使用する場合、勤務先の労災担当者、または契約している社会保険労務士に労災申請を行っていただく必要があります。
ご自身で行う場合は、労働基準監督署で労災の書類を取り寄せ、事業主の押印と労働保険番号を記入していただく必要があります。

労災保険では書類(現認書)を提出していただく必要があります。

提出書類は以下の通りです。

  • 通勤中の災害
    様式16号の3:今回の災害で初めて医療機関を受診する場合
    様式16号の4:転医で受診する場合
  • 勤務中の災害
    様式5号:今回の災害で初めて医療機関を受診する場合
    様式6号:転医で受診する場合

労災関係の書類がすべて揃わないうちに当院を受診された場合は、一時的に立て替えとして実費負担になりますが、書類が整い次第ご返金します。

  • ご返金する際は領収書が必要になりますので、必ず保管しておいてください。
  • 認められない傷病もありますので、労災保険を使う前に勤務先との協議をお願いいたします。
  • インタビュー
  • 日記・ブログ
  • 求人案内

東伏見整形外科