リハビリ室 | 東伏見の整形外科 -東伏見整形外科- 西武新宿線東伏見駅すぐ

リハビリ室

タイトル

Rehabilitation
リハビリテーション科

楽しく・焦らずに治療していきましょう!

リハビリテーションは機能回復や疼痛の軽減、筋力の維持などに欠かせないものです。 医師の診断を基に患者様のそれぞれの障害に合わせ、機能回復のお手伝いをいたします。

楽しく・焦らずに治療していきましょう!

リハビリについて

後療法

東伏見整形外科のリハビリ科では、後療法をベースとした治療を行っています。後療法は3つに分類できます。

  1. 手技療法 いわゆるマッサージやさまざまな手技であり、指や手掌部を使って体に刺激を加え、治癒促進に導きます。
  2. 物理療法 電気刺激や光、温熱、冷却、音波、水などの物理的なエネルギーを使用して痛みを緩和し、体機能の回復を狙います。
  3. 運動療法 関節や筋肉を動かすような運動を積極的に行うことによって機能回復し、元の日常生活を送れるようにします。

物理療法

  1. 牽引機→脊椎を引き伸ばし、椎間板にかかる圧力を抑え、痛みの緩和を狙います。
    患部に刺激を与えることで血流を促進して筋緊張を和らげるので、慢性の腰痛や頸部痛、軽度の椎間板ヘルニアへの効果が期待できます。
    また、長期のデスクワークでの作業による、姿勢不良の患者さんにも効果が期待できるといわれています。
    [症例:軽度の椎間板ヘルニア・首のこり・肩こり・腰痛]
  2. マイクロ波治療機器→電子レンジと同じマイクロ波を利用し、体の奥から患部を温めます。
    表面を温めることは大事ですが、体の深部まで均等に温められます。
    [症例:肩こり・腰痛・変形性関節症・ストレス・神経痛等]
  3. 超音波治療機器→患部に機械的振動を与え、体の奥深くまで温熱マッサージを行います。
    徒手療法では届かない筋肉の奥深くまで超音波のエネルギーが届くので、非常に高い効果が期待できます。
    [症例:四肢の変形性関節症・腱鞘炎・靭帯損傷・捻挫・テニス肘]
  4. 干渉波治療機器→強さの異なる電流を組み合わせて体内に流し、その電流が体内で干渉する(合わさる)ことにより、治療効果が期待できます。
    他の治療機器と比べ広範囲の痛みに対して使用できます。また電極カップ自体に吸引マッサージ機能があるので、マッサージ効果も期待できます。
    [症例:慢性腰痛・肩こり・捻挫・むち打ち・五十肩・神経痛等]

スポーツ外傷

健康維持を図るために運動を行う人が増えてきました。
しかし、適度な運動量であっても競り合いのあるコンタクトスポーツの場合では怪我をする場合があります。
一方、どの運動種目でも起こりうる怪我も存在します。
特に肉離れや打撲、筋や骨、関節などに限界を超えた力が瞬間的に加わった怪我、疲労骨折やシンスプリントなど繰り返し外力や衝撃が加わった怪我の場合は注意が必要です。
スポーツを行う中で一番多い外傷は足関節捻挫といわれています。

スポーツ外傷

スポーツ外傷での治療

怪我に対しては、症状に応じてテーピングやギプス、サポーターなどで可動域の制限や保護を行い、飲み薬、貼り薬や塗り薬などの薬物療法を使って痛みをコントロールする治療を行います。
固定の必要がなくなった後は、関節拘縮や筋力の低下が見られるため、手技療法や運動療法を行い、狭くなった可動域の改善や筋力強化、柔軟性の向上を行い、再発予防と防止を徹底します。

術後のリハビリ

総合病院で手術を行い、リハビリを終えてさらにその後のリハビリを希望される方は、東伏見整形外科でリハビリを行うことができます。
術後に退院しても、総合病院が遠方にあり通院が困難という患者様には、東伏見整形外科でのリハビリ通院をお勧めします。総合病院からの紹介状があると、その後スムーズに対応できます。
なお、リハビリスタッフは整骨院の勤務の経験もあり、手技療法に関しては経験豊富なので、外傷だけではなく整形外科的慢性疾患に対しても適切な処置を行えます。

各疾患の治療・処置内容

※患者様の症状に合わせて治療・処置を致しますので実際にどのような治療方針になるかはリハビリ問診時にご相談となります。

■骨折、打撲、捻挫
ギプス固定・ギプスシーネ固定(取り外し可能固定具)・アルフェンスシーネ固定(取り外し可能固定具)
テーピング固定・包帯固定
アクセラス骨折治療器(治療時間一回20分)
干渉波・超音波・マイクロ波
後療法、固定が外れた後のリハビリとして・上肢浴、可動域訓練、マッサージ

■関節疾患
干渉波・超音波・マイクロ波・レーザー・上肢浴
可動域訓練、手技療法、マッサージ

■神経疾患
干渉波・超音波・マイクロ波
手技療法、マッサージ、鍼(自費)

■その他
症状に合わせて器具や手技で治療していきます。

各種リハビリ機器

牽引器(けんいんき)

脊椎を引き伸ばし椎間板にかかる圧力を低く抑えて痛みをやわらげます。また患部を刺激することで血行を良くして筋肉の緊張を和らげてくれるので、慢性の腰痛や軽い椎間板ヘルニアに効果があります。
また、パソコンでの作業が多く肩・首が縮こまっている方にも効果的です。

牽引器(けんいんき)
特にこんな症状に

軽度の椎間板ヘルニア・首のコリ・肩こり・腰痛

マイクロ波治療器

電子レンジと同じマイクロ波を利用し、体の奥から患部を温めます。表面を温めることは大事ですが、身体の深部まで均等に温められます。

マイクロ波治療器
特にこんな症状に

捻挫・むち打ち・肩こり・腰痛・五十肩・ひざの痛み・ストレス・神経痛・腱鞘炎・テニス肘

干渉波電器治療器

強さの異なる電流を組み合わせて体内に流し、その電流が体内で干渉する(合わさる)ことにより、治療効果が期待できます。他の治療機器と比べ広範囲の痛みに対して使用できます。また電極カップ自体に吸引マッサージ機能があるので、マッサージ効果も期待できます。

干渉波電器治療器
特にこんな症状に

捻挫・むち打ち・肩こり・腰痛・五十肩・ひざの痛み・ストレス・神経痛・腱鞘炎・テニス肘

  • インタビュー
  • 日記・ブログ
  • 求人案内

東伏見整形外科